本文へ移動

アレルギーバスターズとは

ダスキン中央とアレルギーバスターズジャパン®

"○○さんのお陰で家のことに関しては何も心配しなくてよくなりました!”(静岡県 男性 会社員)
 
”家族の者がとても掃除が楽になった!と言っております。エアコンや空気清浄機のフィルターの埃が激減しました!家のリセットクリーニングや、会社のエアコンも掃除していただきとても喜んでいます!○○さんのお陰です!” (東京都 30代男性 企業幹部)
 
”お掃除ロボットとペーパーモップで完璧!と思っていましたが、間違いに気づきました。今日から教えられた通りのモップと電気塵取り機で掃除します。健康とお掃除のセミナーはとても勉強になりました!”
(京都府 30代女性 医療技師)
 
と感謝の声がたくさん寄せられています。(主に全国のアトピー患者様)  ダスキン中央・アレルギーバスターズジャパン®では、
 
アレルギー疾患対策基本法に則って、企業の責務と次世代の育成責任を果たすため、社会教育の一環として様々な学校教育支援活動、社会教育的イベント・セミナー、ファンの集いによる健康に生きる新しいライフスタイルの勉強会を行っています。
 
特に環境アレルギーに関するコンサルティングや重度の「アトピー性皮膚炎」に罹患されている方への環境改善は*米国の一流の皮膚科医からの委託を受けてアドバイス、コンサルをボランティアベースで行って来ました。今後は、個人のみならず企業の商品、サービス開発へのアドバイスやコンサル活動にも力を入れて参ります。
 
*Dr.マセソン医学博士 
Dr.Matheson developed a specialty clinic for Japanese Nationals with severe atopic dermatitis. Over the past 16years, with a team both in Portland and Japan, he has treated over 400 patients from Japan and continues the clinic to the present time.
マセソン医学博士は、特別な治療を重度の日本人アトピー患者に施してきた。過去16年間、ポートランド(米国)と日本にて400名を超える患者を治癒させ現在に至っており活動はなおも継続中である。
 
その他下記の参考書籍等もご参考にされてください。

アレルギーバスターズ発足の背景と活動内容・参考書籍

 

Allergy Busters Japan

 

〜アレルギーバスターズジャパン概要〜

 

2010年から本格的に活動開始

 

アレルギー疾患に苦しむ子供達を救いたい

 

日本と米国の偉大な医師との出逢いが背景にあります

 

ハウスダストやその他のアレルギー発症に関係する因子による、アレルギー疾患、とりわけアトピーや喘息等で苦しむ子供たちを救いたい!と言う思いからスタートしました。

 

過去7年あまりの間、国内外で環境アレルギーのトリガーとなるハウスダストの除去の効果的方法の指導を行ってきました。セミナーや、講演、出前教室などを含むと10,000人近くの人にそれらの情報提供をしています。

 

対象者は幼稚園児から小学生、中学生、高校生、大学生、社会人と老若男女と幅広いです。

 

キャリア教育的な活動としては、東大阪スクラム会議での小学校5、6年生向けの授業や、近畿大学経営学部の1回生と3回生に向けての講義を毎年行っています。

 

2017年より、世界的皮膚科の名医から、日本での唯一の環境アレルギーに関するアドバイザーとしての公認を受けました。医学的根拠のあるエヴィデンスを元に、引き続きこれら海外・国内の医療チームと連携して、環境アレルギーに関するコンサルティングを進化させ、継続していきます。

 

コミュニティ・ラジオ番組「住まいと健康」FMちゃお79.2毎木曜日10:30~ では、幅広い分野からゲストをお呼びし、活動の目的実現に向けての情報発信を続けています。

 

我々の活動の取り組みは日本の大学でも使用されている何冊かの学術書にも掲載されておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

代表 中島光隆

 

所在地:大阪府東大阪市東上小阪7-6 

株式会社ダスキン中央グループ本社内

アレルギーバスターズジャパン事務局

問い合わせ先 06-6725-5101 (中央グループ代表)

 

〜参考資料〜

 

「サービスマネジメントの理論と実践」

p.57~58

 

松井温文 編著 五絃舎

 

第6章 第5節 インターナル・マーケティング

 

〜「ダスキン中央のインターナル・マーケティングの事例」より抜粋〜

 

・・・そしてこれまで学んだ体験や活動を社内スタッフの教育のためにアレルギーバスターズ資格認定制度という教育プログラムにまとめた。 そして、中島社長がその米国医師と出逢った翌年の 2013 年には約 100 名の女性スタッフに向けてその教育プログラムが開始された。

 

その内容は 5 段階(5 級から 1 級) で構成されており、小学生でも理解出来る「目に見えないホコリと掃除機の弊害」から始まり「ふとんのダニによる害」「スキンケア」「食べ物について」「家 の建築と有害物質について」といった内容であり、それらはすべて日米での体験を通した最先端の情報の学習により構成されている。

 

「家の建築と有害物質について」に関しては、 「アレルギー対策を施した輸入モデルハウス」 の建築プロジェクトからの経験が活かされている。これには中島社長、日米両国の設計士、デザイナー、建築関係者が恊働して関わったアレルギー対策を施した住宅の建設プロジェクトである。

 

原点は、アレルギー予防の視点からみた、 日米の住宅の相違を医療関係者から聞かされた事に始まったことにある。ダスキンのシステムのみでは解決できない、結露によるアレルゲンや、ホルムアルデヒド等の有害物質を発生させない建材等を使う建築によって、日本の子供達、特にアレルギー体質の子供達の為に安全な家を将来配給できたらという社長の想いがそこにあった。

 

そのモデルホームの建設および、教育プログラムの構築は同時並行で行われ、それぞれが相互補完的に影響しあって完成された。2014 年 10 月 ダスキン中央の 独自企画による FM ラジオ番組 ” 住まいと健康 ” の放送が、地域のコミュニティラジ オとインターネットを通じて開始された。

 

これまで行ってきた社内教育プログラムの内容を今度は社外へ向けて情報配信を始めたのである。同社はその後も幼稚園、公立小学校をはじめとする教育機関や勤労者センターなどでも同様の内容のセミナーを継続して開催して来ている。・・・






 

〜これまでの、アレルギーバスターズジャパンの歴史と取り組みがとりあげられています〜

マーケティング学術書
株式会社 ダスキン中央
〒577-0812
大阪府東大阪市東上小阪7-6
TEL.06-6723-8851
FAX.06-6725-8285
1.クリーンサービス事業
2.サービスマスター事業
3.ターミニックス事業
4.メリーメイド事業
TOPへ戻る